体臭と汗で悩んでいる人って、相当たくさんいるのではないでしょうか。

体臭や汗の悩みというのは非常に深刻で、うつ症状であるとか対人恐怖症に結びついてしまうこともあります。

私はワキガで悩んでいましたが、もちろん足や頭皮、口臭とかのニオイだって気にします。

ただ、体臭だけでなく多汗症という症状で悩んでいる方がいるというのは知りませんでした。

体臭対策を勉強していたら、多汗症という文字がやたら出てくるので、汗っかきと多汗症は何が違うんだろうって気になって調べてみたんです。

多汗症は、手のひら・足の裏・脇・顔などの局所や全身から、尋常じゃないくらいの汗が出る症状のことだそうです。

手の多汗症の場合は、ノートに字を書いている時にノートが破れるくらいの汗をかいたり、スマホの操作ができない、さらにスマホが故障するほどの汗をかくんだそうです。

そんな症状があるとは、ぜんぜん知らないのでカルチャーショックを受けました。

私は緊張すると手汗をかくのでそれが悩みですが、それ以上の悩みを抱えている人がいるんですね。

私がワキガで悩んだのと同じくらい悩んでいるのではないかと思います。

だから、多汗症の人がいても絶対に傷つけるようなことを言わないように心がけようと思いました。

ワキガや多汗症は、外科手術をすれば治る可能性があります。

だけど、手術を受けるということは簡単に決められることではないんです。

後遺症が残ったらどうしようとか、手術ミスで臭いまんまで傷だけ残って苦しむかもとか、どの手術がいいんだろうとか、どこの病院がいいんだろうとか、どの先生が信用できるんだろうとか、手術日に先生の体調が悪かったらどうしようとか、ニオイが再発したらどうしようとか、本当にする必要があるのかとか、もちろんお金の問題もあります。

そんなことがぐるぐると頭を回って、結局は決断なんてできないんです。

ワキガってホルモンが関係しているので、歳をとればしだいニオイが薄くなるらしいんです。

だから、今はメスを入れるよりワキガクリームで対策する方が私にとっては安心できると思ってそうしています。

でも、気持ちは変わるかもしれません。

ミラドライっていう機械でアポクリン腺を焼く治療があって、30万円くらいするようですが若干気になっています。

ミラドライであれば傷跡が残らないので、やってみる価値はあるかもしれないと、若干思ってはいます。

ボトックスは一時的に臭いが出なくなるらしいけれど、また打たないといけないからそれでは困るので挑戦しません。

ワキガはまだまだ私の頭を悩ませますね。